メモリッチ

メモリッチの効果的な使い方があるって知ってた?

目の下にできるクマ、これなんとかならないのでしょうか?

そう思ってメモリッチを使い始める方ってとっても多いようです。
なんといっても評判が良いですからね!!

そんなメモリッチ、確かに目元に塗るだけなのですが、そこにはもっと効果的にする使い方があるんですよ!

メモリッチの効果的な使い方をまとめてみました。

メモリッチの基本的な使い方

1.クリームをのせ馴染ませる

チューブから米粒大にメモリッチを取り出し片目ずつ目の周りに、点置きしてあげます。
薬指の腹でまぶた、目の下、目尻の3点に乗せ優しく塗り込みます。

2.重ね塗り

気になる部位は指で広げて重ねて塗ってください。
メイク崩れは目元のSOSです
乾燥対策には重ね塗りが特にオススメといえます。

3.ツボ押し

両手の中指を使い優しくツボを刺激し、血行促進。
血行促進により目元が明るくなり、顔全体の印象が変わってきます。

以上がメモリッチの基本的な使い方になります。

それでは、ここから1歩ステップアップしてさらにメモリッチを効果的なものにする秘訣です。

メモリッチを効果的なものにするには?

メモリッチはそのまま使ってもしっかり効果が実感できます。だけどせっかくならさらにちょっとだけ手間暇をかけてあげるとさらに効果的と言えるかもしれません。

フタをするイメージで

メモリッチには目元へと成分をしっかりと届けるために油分が多く含まれています。
この油分を使って化粧水の水分にフタをしてあげましょう。

洗顔→化粧水→美容液→乳液→メモリッチ→保湿クリーム

この順番で使ってあげると1番効果的です。

目元に潤いをしっかり届けてくれるので、クマの改善と同時に小じわも防ぎメイク崩れ防止にもなります。

朝と晩の2回使ってあげる

目は体の中でも1番激しく動いている部分。
そのため、どうしても疲れが溜まりやすく乾燥しがちな部分ともいえます。

メモリッチを朝と晩の2回使ってあげて目元の乾燥知らず目指しましょう。

・朝は基礎スキンケアの後、メイクをする前に
・夜は入浴の後、基礎スキンケアをする前に

特に夜はお風呂上がりで結構が良くなっている状態で使ってあげると良いですね!
俺を意識して使ってあげると効果的ですよ

ほうれい線のケアにも使っちゃう

メモリッチは基本的に目元専用のアイクリームなのですが、目元だけでなく乾燥しがちで気になる部分に使っても全然OKです。

特に口元も乾燥しやすい場所なので、目元のケアと同時に口元に持って上げるとほうれい線のケアにもなっちゃいます。

効果的な使い方まとめ

いかがでしょうか?

  • メイク前のスキンケアの一環として使ってあげる
  • 朝と夜の2回使う
  • ほうれい線予防にも使っちゃう

メモリッチの基本的な使い方と効果的な使い方、大切なのは毎日1日2回ケアしてあげること。
しっかり続けてあげることで目元のクマや目元の悩みをトータルケアしてあげましょう!!

あわせて読みたい
メモリッチ体験談!私が3ヶ月試してみた効果を教えちゃう!!メモリッチ体験談:先日ふと思い出したのですが、自分が小中学生のころは、コースがそれはもう流行っていて、使っは同世代の共通言語みたいなもの...